03月01日

萬古焼き

日本各地には色々な焼き物の産地があります。
東海地方で皆さん思い浮かべるのはやはり『瀬戸焼』でしょうか?(陶磁器の事を
瀬戸物って言うくらいですから)

私の住む三重県北部では『萬古焼』が代表的な地場産業として伝統工芸品に指定
されています。

萬古焼きの振興を図る「ばんこの里会館」で年1回開催される、ばんこの里フェスタ
に散歩がてら子供と遊びに出向きました。

会館前には火の神様である火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)を御祭神とする萬古神社


高価な工芸品としてよりも、どの家庭にもある茶碗・湯呑み・急須・土鍋などが中心
に生産されています。

昔の蚊取り線香で使われた蚊遣豚(かやぶた)も有名ですが、今はあまり使われま
せんかね・・・


家族向けとして、職人さんと一緒にろくろ回しや、お皿や土雛人形への絵付けなどが
体験できました。



          < M.K >



貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2016年3月 1日 15:00 | 名古屋支店こぼれ話| トラックバック (0)