04月07日

さようならウィストリア鉄道

気づいたら桜の季節も終わりに近づきましたね。

春は新しい出会いの季節ですが、お別れの季節でもあります。
3月末に三重県にある鉄道がひっそりと終了を迎えました。
が、鉄道会社が営業している鉄道ではなく、ボランティアが無料運行していた
その名も「ウィストリア鉄道」の運行終了です。

三重県北部を走る三岐鉄道三岐線(鉄道好きの方ならナロゲージ車輛が走る
鉄道と言えばお分かりになるかと思います)の終着駅である西藤原駅の駅前
公園で、2001(平成13)年10月から13年半もの間、毎週日曜日にボランティア
の方々により運行されていたミニチェア車輛の鉄道です。

  どうですか、こののどかな風景は


  西藤原駅、かわいらしい駅舎です(藤原岳への登山の入り口でもあります)

  実際に昔運行していた蒸気機関車です。


我が家3人の子供をここに何度連れてきた事か。
無料です!! なんて素敵な響きでしょうか。お弁当を広げてのんびりと遊ぶには最高の場所でした。

 


   一番人気の新幹線
  
  

  これ本物の石炭を炊いて動いてます

  
 


   レトロ感を味わえますね
  


諸般の事情により運行終了となったようですが、入場料があれば存続できるようで
あれば、是非復活してもらいたいと感じた日でした。

                                     (M.K)


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2015年4月 7日 15:00 | 名古屋支店こぼれ話| トラックバック (0)