06月01日

おすすめ本

こんにちは。
先月は金環日食、そして6月6日は金星が太陽の手前を横切る天体
現象「日面経過」が見られますね!これを逃したら、次に地球上で観
測できるのは105年先の2117年・・・。晴れることを祈っています。

さて、6月に入り、いよいよ梅雨時期に突入ですね。
雨の日の休日は、家でのんびりしたいものです。そこで、今回は私の
おすすめの本を紹介したいと思います。

それは、貴志祐介さんの日本推理作家協会賞受賞作でもある
「硝子のハンマー」です!

現在、月曜9時のドラマ「鍵のかかった部屋」の原作であるこの本、
なんとページ数が約600ページ!!なかなか読みごたえがあります。

ドラマをご覧の方は、内容もなんとなく分かると思いますが、
著者初、密室を舞台にした、本格ミステリー小説です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社
の役員たち。エレベーターには暗証番号。廊下には監視カメラ、有人の
フロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。

凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、続き扉
の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。青砥純子は、弁護を担
当することになった久永の無実を信じ、密室の謎を解くべく、防犯コン
サルタント榎本径の許を訪れるが―。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネタバレになってしまうので、内容はこの辺で。
ドラマを見て興味を持った方、ミステリーが好きな方、おすすめです!

                                     (Y.N)


オフィス仲介のプロフェッショナル。三鬼商事(株)のホームページ

2012年6月 1日 00:00 | 名古屋支店こぼれ話| トラックバック (0)