06月29日

☆★ジューン・ブライド★☆

   

直訳すれば「6月の花嫁」。
《6月に結婚した花嫁は幸せになれる》というもともとはヨーロッパからの
伝承です。

その由来は諸説があり、
(1)6月すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神である
ジューノ "Juno"(ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラー)からきている
ため婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、きっと花嫁は幸せ
になるだろうとあやかって・・・とする説。

(2)その昔、ヨーロッパでは、3、4、5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されて
いて6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になって一斉にカップルたちが結婚
し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だった・・・とする説。

(3)ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くため、はつらつ
とした季節の始まり、若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、 加え
て復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、
6月の花嫁は幸せになれる・・・とする説などがあります。

どれも幸せになれるということですね。

さて、そんな素敵な今月、我が三鬼商事のNさんが結婚しました☆☆ 
     【【おめでとうございます!!】】

    

名古屋支店全員で式に出席してきました☆
一部、写真にてご紹介いたします。

           ↓ ↓ 支店長のスピーチ ↓ ↓   
 

とても緊張していた支店長は、思わず「新婦の上司です・・・。」と。
会場を盛り上げ、最後は今流行りの謎かけで締めくくりました♪

           ↓ ↓ ラブラブなふたり ↓ ↓

とても仲良しなおふたり。見ているこちらも幸せな気持ちになりました。

           ↓ ↓ O主任企画の余興 ↓ ↓
 

新婦の手を当てるというこの企画。なんと、パンダさんまで登場しました!
Oさん、Aさん、お疲れ様でした。とても良かったですよ^^

  ↓ ↓ 電報 ↓ ↓    ↓ ↓ お祝い用ビール ↓ ↓  ↓ ↓ パンダ ↓ ↓
  

最近は、こんな可愛い電報が流行っています。プーさんは、大阪支店からの電報。
ありがとうございました☆

あっという間に時間が経ち、新郎はワールドカップを観戦するため、お開きに
なりました。とても素敵な式でした。

改めて、おめでとうございます。末永くお幸せに・・・♪

                            以上、M☆Kでした。


貸事務所 貸ビル オフィス探しのサイト-三鬼商事株式会社

2010年6月29日 14:06 | 名古屋支店こぼれ話| トラックバック (0)