07月01日

☆七夕☆

今月は「七夕」ですが、昨年投稿しましたし、
まだイベントには少々早すぎる為、
デパ地下で美味しそうな七夕を見つけました。


七夕海老せんべい(七夕の歌詞入り・ヒトデじゃなく
(星・笹の葉・天の川)星は最後に パクッ!



七夕わらび餅(短冊と笹の葉は羊羹  ひんやり ぷるぷる感がたまらない)


それに関連し、今日は私の個人情報をお話しますので、
取り扱いには十分ご注意願います。

題して<出生のひ・み・つ!?>

母の箪笥に、普段あまり開閉しない引き出しがあります。
その中には、ローズピンクのダイヤ柄が、
蓋についている小さな桐の箱と母子手帳が入っています。

その桐の箱は、母から「絶対に見てはいけない!」と言われていたので、
一度も開けたことはありませんが、実は“へその緒”が 入っているそうです。

「へぇ〜。こんなのが残ってたんだ。」
と母子手帳をめくって見ると、
○区○○町○−○番地  昭和○○年7月7日 午後6時生れ   

「え、ぇっーーーーーーーー。 私って おとーこっ〜??? 」
「それじゃあ、余分に付いてた物は退化しちゃったの?・・・んな訳ないし・・・」

母に問い詰めたら、「それは、単なる間違いだよ。」とあっさり。
早速アルバムを引っ張り出し、生れた頃の写真を見ても女の子(に見える)だし、
いつもスカートはいてたし・・・

母の言葉を信じつつ、でも考えてみれば思い当たる節が・・・
中学生の時に、男子生徒の声にしばしば間違われることもあり、
歩き方も男っぽいと言われたし・・・

ビルの空室確認でも、
男性と間違われることもあるし(声を1オクターブ上げてるにも拘わらず)・・・

現在でも、どこをどう切ってもステキな(つもり)女性です。(笑汗)

そんな「七夕」生まれの私は、〜天の川〜のほとりで年に一度どころか、
ずっと彦星を待ち続けて、ん十年経ってしまいました。

ところで三鬼商事の出生の秘密は、https://www.e-miki.com/company/index.html
ご覧下さい。

                                               K・I

2008年7月 1日 00:00 | 名古屋支店こぼれ話| トラックバック (0)