11月01日

秋といえば?

ズバリ!メタボリックの秋ですね。

そんな訳で、今日は最近お気に入りの♪スウィーツ♪をご紹介します。

まず、「カフェ タナカ(JR名古屋タカシマヤ地下)」の<NAGOYAロール>
「カフェ タナカ」は、スタートが自家焙煎コーヒー専門店というだけあって、
コーヒー風味のスポンジ生地に、ラム酒で香り付けした小豆と栗が絶妙にマッチ。
“でらうまっ!!”男性にもお勧めです。


次は、「ミュゼドゥアッシュ ドーナッツレシピ(名古屋ラシック地下)」の
焼ドーナツです。
揚げていないので、カロリー控えめですが、お値段高め、
お財布は軽めになります。
種類により、もちもち感だったり、サクサク感だったり、
バラエティ豊かで迷いながら楽しめます。
私としては、りんご・プリン・スーペリアチョコがお勧めです。

さて、今回のいち押しは、「サロン ド アンジェリーナ(名古屋ラシック4階)の
<和栗のモンブラン>です。1903年パリで創業以来、
レシピは変わっていないそうです。

<モンブランデミ>・<モンブランパンプキン>・<和栗のモンブラン>の
3種類で、見た目はシンプルですが、ひとくちで「うまウィッシュ!!!」と
思わず叫んでしまいます。
ふわふわクリームは練乳っぽく、いつものマロンペーストの
モンブランとは違います。
ケーキを包んでいる周りのカップまで、綺麗に舐めたい感じです。。。(失礼!)
是非一度お試し下さい。

最後にこちらも超お奨めです。
名古屋ラシックは中区栄三丁目の『栄三丁目ビルディング』内の
商業ゾーン(地下〜8階)ですが、9階以上はオフィスゾーンになっており、
現在オフィスに空室があります。
お早めにどうぞ。お電話お待ちしております!。            K.I


2008年11月 1日 00:00 | 名古屋支店こぼれ話| トラックバック (0)

11月17日

早朝野球 アスカリーグ

祝 準優勝

14勝3敗3分で、今年も2位に終わりました。

前半戦は、引き分けが続き、中盤以降から連勝して来ましたが、

あと一歩及ばなかった。


今年最多勝投手 K林氏


チーム首位打者 H谷氏

来年は優勝目指して頑張りましょう。(Y.N)



来期定位置? O田氏

Y.N

2008年11月17日 11:53 | マイブーム| トラックバック (0)

11月20日

名古屋B級グルメ?

いや〜、急に寒くなりました。
つい先日、北海道で雪が降った日に
沖縄は30℃を越えていたニュースを耳にし、
日本の南北の長さを改めて感じましたが、
今週に入り全国的な”冬”を痛感しています。

こうした時期には暖かい物が恋しくなりますね。
手っ取り早く食べれるのはやはり麺類。ラーメン、うどん、そば・・・
などなど色々とありますが、名古屋らしい麺と言えば、『きしめん』は外せません。

名古屋には『きしめん』を看板にしている老舗のお店もありますが、
B級グルメとしてはワンコイン程度で食べれる所を紹介します。


名古屋に来られる方が必ず利用される新幹線。
そのホームで『きしめん』が食べれます。
先日静岡に出張した際に、Y・Nさんと一緒に待ち時間に立ち寄りました。

  <Y・Nさんの後姿。出張の際にはよく利用するそうです>
       ↓

  <まずは券売機で食券を購入>
       ↓

  <『素うどん』ならぬ『素きしめん』>
       ↓

     
  <ちょっとリッチな気分に浸りたい方はこんなのはどうですか?> 
       ↓

店に入るお客さんは皆時間待ちで利用する為、非常に客の回転が早いです。
ゆっくり食べたい方もおられるでしょうが、名古屋に来られたら一度どうですか?


【きしめん一口メモ】
きしめんの特徴は、一般的なうどんに比べると生地を薄く伸ばすため
麺が長く、薄く平らなため茹であがる時間が短い。

また水と小麦粉と塩を練って作るのはうどんと同じだが、
うどんよりも平たく延ばすのには職人の技術と期間を要する、などがある。

茹でた麺に熱いつゆをかけ、油揚げや鶏肉などの具を入れ、
ネギ、かつお節をたっぷり載せるのが一般的な食べ方である。
しかし、"カレーきしめん"(→カレーうどん)や
"味噌煮込みきしめん"(→味噌煮込みうどん)、
"力きしめん"(→力うどん)のように、うどんと同じように調理されたきしめんもあり、
夏場には"ざるきしめん"(→ざるうどん)やきしころなどの
冷やし麺としても食べられる。

きしめんはうどんより水分を吸いやすいため、
うどんを用いる時より汁の水分を減らしたり
煮込み時間を短縮したりするなどの工夫が必要ではあるものの、
うどんと類似した調理方法も多く、店でも販売されている。
                                          (M.K)


2008年11月20日 11:58 | 名古屋B級グルメ| トラックバック (0)